Loading
高層マンションの安全はどうする?避難方法や対策
18, 6月 2024
高層マンションの安全はどうする?避難方法や対策

地盤が不安定で、海や川が近い地域にお住まいの方々は、大雨や台風の際に特に注意が必要です。特に高層ビルにお住まいの場合、長周期地震動による揺れに対する対策も重要になります。この記事では、そのような環境での避難方法や対策について具体的なアドバイスを提供します。

高層ビルは、地震の際に長周期地震動と呼ばれるゆっくりとした大きな横揺れに特に影響を受けやすいです。これは、建物が高いほど地震のエネルギーが増幅されるために起こります。したがって、高層階にお住まいの方は、家具や家電が固定されていない場合、その転倒による怪我や被害が発生する可能性があります。

まず第一に、家具や大型の家電は壁に固定し、重い物はなるべく低い位置に置くことが重要です。特に子ども部屋や寝室では、ベッドの位置を窓ガラスから離し、上に何も掛けないようにすると安全です。

次に、高層ビルの住人同士での情報共有が非常に重要です。災害発生時における連絡網を構築し、緊急時には迅速に情報を共有できるようにしておくことが望ましいです。また、非常用のバックパックを用意して、水、非常食、懐中電灯、予備の電池、ラジオ、ファーストエイドキット、個人の必需品を常に準備しておくと良いでしょう。

さらに、台風や大雨の際には、高層ビルの安全確認を怠らないことも大切です。強風による窓ガラスの損傷や、水漏れなどの初期対応を速やかに行うことができるように、建物管理会社とも連携を取り合っておくべきです。実際に天候が悪化する前に、窓やドアの隙間をチェックし、必要であれば補強を行います。

高層ビルにお住まいの方は、長周期地震動による揺れへの備えが特に重要です。具体的には、家具や家電の固定、非常用バックパックの準備、管理会社との連携、窓の補強などが挙げられます。また、台風や大雨の際には、迅速な初期対応が安全を守る鍵となります。地域の防災訓練に参加し、避難ルートを確認することで、災害時の行動をスムーズにします。これらの準備を日頃から行うことで、災害発生時にも冷静に対応可能となるでしょう。