Loading
大雨や台風の際の連絡手段は?災害用伝言ダイヤル171の使い方
27, 6月 2024
大雨や台風の際の連絡手段は?災害用伝言ダイヤル171の使い方

大雨や台風が予想される場合、海や川の近く、または地盤が不安定な地域にお住まいの方々は、特に早めの行動が求められます。このような状況下でのコミュニケーション手段として、災害用伝言ダイヤル171の活用が非常に有効です。ここでは、このサービスを利用して大切な人との連絡を確保する方法について具体的にご紹介します。

災害用伝言ダイヤル171は、NTTが提供するサービスで、大規模な災害が発生した際に電話回線が混雑することを避け、家族や友人が無事であることを伝え合うための伝言板の役割を果たします。使用方法は簡単で、171に電話をかけてガイダンスに従い、伝言を録音または再生することができます。

特に、自宅が洪水リスクが高いエリアに位置している場合、非常に速やかに避難する必要があります。避難前に一度171を使って、自分の安全を家族に伝えることが推奨されます。また、避難所や安全な場所に到着した後も、改めて安全を報告することが重要です。

このサービスの利点は、スマートフォンやインターネットが使えなくなる状況でも、固定電話や公衆電話から利用できる点です。また、伝言は24時間いつでもアクセス可能で、登録した伝言は48時間保存されます。これにより、情報が錯綜する中でも、家族間の情報共有を確実に行うことができます。

実際に災害用伝言ダイヤルを利用する際は、まず自身の安全を最優先に考え、速やかに避難を完了させることが大切です。その後、落ち着いた状態で伝言を残すことが、情報の正確性を高めるために重要です。また、普段から家族や友人とどのようにこのシステムを利用するかを話し合っておくことも、いざという時の混乱を避けるために役立ちます。

最後に、災害用伝言ダイヤルはあくまで緊急時の補助手段の一つです。平時からの備えとして、携帯電話の充電を常に完了させておく、ポータブルバッテリーを準備する、避難経路や避難所の位置を確認しておくなど、様々な対策を講じておくことも大切です。災害は予測が難しいため、日頃からの準備と正しい知識が、大切な人と自分自身の安全を守る鍵となります。