Loading
災害時のペットの安全を守るために!ストレス対策のすすめ
21, 6月 2024
災害時のペットの安全を守るために!ストレス対策のすすめ

大雨や台風などの自然災害が近づくと、私たちだけでなく、愛するペットたちにも大きなストレスがかかります。特に海や川が近い地域では、突然の洪水や地盤の不安定化が起こり得るため、事前の準備と正しい行動が必要です。災害時にペットを守り、そのストレスを最小限に抑えるための対策をご紹介します。

事前準備は、ペットが安全で快適に過ごせるようにするために非常に重要です。まず、ペット用の非常持ち出し袋を用意しましょう。食料、水、医薬品、予備の首輪やリード、お気に入りのおもちゃや毛布などの物品を、すぐに持ち出せるようにしてください。

また、ペットが避難所や安全な場所へ適応できるように、普段から慣れ親しんでおくことが大切です。例えば、キャリーケースに慣れさせる練習を行うことで、いざという時のパニックを避けることができます。

災害発生時は、ペットも人間と同様に不安を感じます。そのため、飼い主が冷静でいることがペットの安心につながります。常に落ち着いて行動し、話しかけながら安心させてあげましょう。

避難の際には、同行避難することが理想ですが、すべての避難所がペットを受け入れるわけではありません。事前にペット可の避難所やホテル、預けられる施設を調べておくことが重要です。緊急時には、これらの情報が命を救うこともあります。

ペットがストレスを感じた時には、普段から安心できる「隠れ家」を提供しておくことも一つの方法です。例えば、家の静かな場所に小さなテントや箱を設置し、災害時でもそこが安心できる場所であると感じさせることが効果的です。

災害後は、ペットが外に出たがることもあるため、屋外への無防備なアクセスを避け、定期的にペットの健康状態をチェックすることが大切です。食欲不振や異常な行動が見られた場合には、動物病院での診察を受けさせることが必要になります。

これらの準備と対策が、ペットと共に災害を乗り越えるための鍵となります。災害は予測不可能ですが、準備は可能です。今からしっかりと準備をして、不安な時でもペットと共に安全な行動を取れるようにしましょう。