Loading
非常用持ち出し袋の中身は?水害準備のポイント
25, 5月 2024
非常用持ち出し袋の中身は?水害準備のポイント

日本の多くの地域では、海や川の近くに住むことが一般的ですが、これには大雨や台風の際の水害リスクが伴います。特に、家庭を守る上では、適切な準備と対策が必要です。ここでは、水害が起きた時に役立つ非常用持ち出し袋と、その他の準備に焦点を当て、実用的なアドバイスを提供します。

非常用持ち出し袋の準備は、いざという時に迅速に対応できるよう、日頃から準備しておくことが大切です。このバッグには、最低限必要なアイテムをコンパクトにまとめ、いつでもすぐに持ち出せるようにすることが重要です。たとえば、人それぞれに必要な飲料水は大人一人あたり最低でも500ml×3本を用意し、非常食も3日分を確保します。非常食には、開封せずにすぐに食べられる缶詰やレトルト食品、エネルギーバーなどが便利です。水害時には食品の調理が難しいため、加熱不要のものを選ぶことがポイントです。

持ち出し袋には、個人の健康や衛生を保つためにも、手指消毒剤、マスク、救急セット、常備薬を忘れずに入れておくことが推奨されます。これらは、万が一の怪我や感染症対策として役立ちます。また、水害によってライフラインが寸断される可能性を考え、携帯電話の充電器や予備のバッテリー、手回し充電が可能なラジオも準備しておくことで、情報収集を継続できます。

自宅の水害対策も重要です。自宅が洪水リスクのあるエリアに位置している場合は、事前に土のうや水を吸収するシート、止水板などを用意しておくと安心でしょう。これらは、水の侵入を防ぎ、家財の損失を最小限に抑えるために有効です。特に、窓やドアの下部には水が入り込みやすいため、これらの部分を重点的に防御することが重要です。

最後に、地域のハザードマップを確認し、避難ルートや避難所の場所をあらかじめ把握しておくことが不可欠です。ハザードマップは、各市町村の公式ウェブサイトや市役所で入手可能です。また、地域の防災訓練に積極的に参加することで、実際の災害発生時の行動に慣れることができます。

これらの準備を通じて、水害のリスクに直面したときにも、冷静かつ効率的に対応できるようになります。水害は予測が難しいため、日ごろからの準備があなたと家族の安全を守るカギとなります。