Loading
災害時も普段も役立つ!家庭用非常食アレンジ法
24, 6月 2024
災害時も普段も役立つ!家庭用非常食アレンジ法

大雨や台風が予報されると、特に海や川の近く、地盤が不安定な地域にお住まいの方々には不安が増します。そんな時に役立つのが、家庭用の非常食とそのアレンジ方法です。非常時だけでなく、日常生活にも取り入れることができる災害食の活用法を紹介しましょう。

普段から使える非常食には、アルファ米やレトルト食品、缶詰などがあります。これらは保存が利き、災害時にもすぐに食べられる利便性が高いです。例えば、アルファ米は温めるだけで美味しいごはんが食べられますが、普段からカレーや炒飯の具材として利用することもできます。

災害時にも使えるレトルト食品は、温めずとも食べられますが、温めた方が美味しく感じられるものが多いです。キャンプ用のポータブルガスコンロを一つ持っておくと、災害時にも温かい食事を提供できます。このガスコンロは、日常ではアウトドアでの調理にも使えるため、使い勝手が良いです。

缶詰も非常に便利です。フルーツや野菜、魚など様々な種類がありますが、これらを使って日常の食事を彩ることができます。例えば、サーモン缶はそのまま食べるのはもちろん、サラダに混ぜたり、パスタに加えたりすることで変化を楽しむことができます。また、普段の食生活で消費し、賞味期限が近づいたら補充することで、常に新鮮なストックを保つことが可能です。

非常食を活用したレシピの中で、特にお勧めなのは缶詰を使ったアレンジです。トマト缶を使ったスパゲッティソースや、ツナ缶を使ったクリームパスタなど、簡単でありながらも日常の食事としても十分満足できるものです。これらのレシピは、非常時にも役立ちますが、普段の忙しい日の夕食としても活躍します。

このように、家庭用の災害食を普段からの食事に取り入れることで、災害発生時のストレスを減らすと共に、食品の無駄遣いも防げます。また、非常時だけでなく日常でも役立つため、準備しておくことに抵抗が少なくなります。災害食の備蓄は、家庭だけでなく地域コミュニティ全体で考えるとより効果的です。地域の集会所で備蓄食の試食会を開くなど、楽しいイベントとして非常食に親しむ機会を作ることも一案です。