Loading
災害時のガラス窓飛散防止に!けがのリスクを軽減するフィルムで対策
28, 5月 2024
災害時のガラス窓飛散防止に!けがのリスクを軽減するフィルムで対策

大雨や台風が近づくと、特に海や川の近くに住む方々や地盤の不安定な地域にお住まいの方々は、自宅の安全対策が重要となります。この記事では、特にガラス窓の飛散防止対策として、飛散防止フィルムの選び方や貼り方について詳しく解説します。これにより、万が一のガラス破損時にも破片が飛び散るのを防ぎ、けがのリスクを減少させることができます。

飛散防止フィルムを選ぶ際は、まずはその厚みと素材に注目してください。市場には様々な厚みや素材のフィルムが存在しますが、安全性を優先する場合は、厚手で耐久性の高いフィルムが推奨されます。フィルムの表面が硬化しているタイプは、ガラスが割れても破片が大きく飛び散るのを効果的に防ぐことができます。

次に、フィルムの貼り方ですが、正しい方法で貼ることが非常に重要です。まず、貼る面のガラスを徹底的に掃除します。ガラスの表面にほこりや油分が残っていると、フィルムがうまく貼り付けられず、空気の泡が入りやすくなります。ガラスを洗剤できれいに洗い、乾燥させてからフィルムを貼ることをお勧めします。

フィルムを貼る際は、ガラスの端から1~2cmの余白を残して切り、フィルムを少しずつガラスに押し付けながら貼っていくのがコツです。フィルムを貼る際には、ヘラなどの平らなものを使って、中央から外側へと空気を押し出すようにします。これにより、フィルム下の空気泡を減らし、フィルムがガラスにしっかりと密着するのを助けます。

また、フィルムを貼った後のお手入れも重要です。フィルムが貼られた窓は、直射日光や急激な温度変化に弱いため、過度の熱や冷気を避け、窓の清掃は柔らかい布を使用して優しく拭くことが大切です。これによりフィルムの寿命を延ばし、常に最高の状態を保つことができます。

これらの対策を講じることで、大雨や台風の際におけるガラス窓からの安全を高めることが期待できます。自宅だけでなく、地域の防災対策としても、飛散防止フィルムの利用を検討することをお勧めします。安心できる環境を作るために、ぜひこれらの対策をご自宅でも実践してみてください。