Loading
災害時の子供と高齢者の脱水対策!必須の予防知識
12, 6月 2024
災害時の子供と高齢者の脱水対策!必須の予防知識

大雨や台風が襲う地域にお住まいの皆さん、特にお子さんやご高齢の方がいる家庭では、災害時の水分補給の重要性に特に注意が必要です。突然の災害が起こると、日常生活に必要な水の確保が困難になることがあります。ここでは、災害時における脱水症状の予防対策を具体的な例とともにご紹介します。

まず、水の備蓄は非常に重要です。一人当たり1日に必要な水の量は、約3リットルと言われています。これには飲用水だけでなく、料理や洗顔、歯磨きにも使用する生活用水が含まれます。例えば、ペットボトルに入った水を常に数日分、特に子供や高齢者のいる家庭では1週間分以上備蓄しておくことをお勧めします。水を新鮮に保つためには、定期的に水を入れ替えることも忘れずに。

次に、脱水症状の初期兆候を見逃さないことが肝心です。子供や高齢者は、水分が不足しがちです。脱水のサインとして、のどの渇き、疲労感、頻繁な頭痛、皮膚の乾燥、尿の量が少なくなるなどがあります。これらの兆候を見たら、すぐに水分補給を行いましょう。

さらに、食事を通じて水分を摂取する方法も有効です。例として、水分を多く含む果物や野菜(スイカ、キュウリ、トマトなど)を普段から多く取り入れると良いでしょう。また、災害発生時は、炊き込みご飯やスープ、おじやなど、水分を多く含む料理を心がけることも一つの方法です。

災害時の避難計画も事前に準備しておくことが大切です。地域の避難所の場所を確認し、そこまでの最短かつ最も安全なルートを家族みんなで確認しておくことが重要です。避難所までの道のりについては、特に水たまりや川の水位が高くなりやすい場所を避けるルートを選ぶことが望ましいです。

最後に、災害発生時は特に情報を収集することが重要です。スマートフォンやラジオで最新の天候情報や地域の安全情報をチェックし続け、必要に応じて迅速に行動しましょう。

災害は予告なく訪れますが、適切な準備と正しい知識でリスクを最小限に抑えることができます。子供や高齢者を守るためにも、今一度、これらの対策を見直してみてください。